teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


旅行について

 投稿者:ミッチー  投稿日:2008年12月 1日(月)12時35分37秒
  はじめまして
私は68歳身体障害者3級です。海外旅行が出来る様になったので、挑戦しております
ネパール・アラスカ・スイスと行って来ました。
今度グランドキャニオンに行きたいのですが
一人旅なのでツワーで中々良い所が見つからず苦労しています。
何方か良い方法を教えてください<(_ _)>
 
 

がんばってください

 投稿者:いわいメール  投稿日:2008年11月 7日(金)23時27分2秒
  27年前におそどさんの本を片手に一人アメリカを旅行しました。初めての海外旅行でした。行きはサンフランシスコまで、帰りはニューヨークから、そんなチケット片手に、予約は全くなし。今思えば若いからできた旅でしたけど、今も新鮮に思い出せる旅です。
おそどさんの本はもうないけど、あの本に書かれていたパワフルな言葉は私に頭に焼き付いてます。 おそどさんの名前を検索して見つけたこのサイト。うーん、さすが。 私も貢献したい。
30代を欧州で過ごし、ヨーロッパ旅行では言葉には不自由しません。今は整体の学校に通っています。(1年半後には資格が持てる予定です。)もちろん旅好き。でも今は母の介護で家を空けられない。いつまで続くのかと思う反面、母には長生きしてほしい。。。 まずいです、下手をするとGoogleEarthで悪酔いしてます。
今は何もできないですが、いつか何かの形で応援したいです。
 

NHK見ました

 投稿者:コモリ  投稿日:2008年 9月27日(土)01時09分5秒
  今日の『首都圏ネットワーク』で、
おそどさんのボランティアが取り上げられてましたね。
何も知らなかったので、お顔を拝見してびっくりしました。
私はおそどさんのガイドブックの元・読者なもので(笑)。
今でも旅に出る前は『地球に夢中・旅ガイド』を読み直して、
気合注入と安全の再確認をして出かけてます。
ボランティアの活動が、更に充実される事をお祈りします。
自分に余裕が出来たら、いつの日か、私も参加させていただきたいです。
 

台湾へ行って来ました

 投稿者:さんだ やすし  投稿日:2007年 5月13日(日)11時55分26秒
  こんにちは。ゴールデンウィークに台湾へ行って来ましたので、報告をします。台湾は初めてでしたが、ホテルや主だった観光名所、レストラン等は、ほとんど日本語が通じるので、苦労は少なかったです。ただし、タクシー運転手には基本的に日本語は通じません。さて、観光についてですが、MRTは全ての駅にエレベーターが有り、改札も必ず広い入り口が有るので大変便利でしたが、市内バスは入り口が高い段差になっている様でしたので、一回も乗りませんでした。その代わり、タクシーはどこでも拾えますし、車椅子を載せても追加料金は取られませんし、市内でしたら日本円換算で200~300円程度で利用できるので、便利だと思います。尚、市内の歩道は半分がアーケードの様に屋根が付いている為、少々の雨なら傘は不用ですが、所々段差が有りますので、一人歩きの場合苦労する時が有りました。しかし、周りの歩行者に補助をお願いすると押してくれるので、大丈夫です。観光施設では、TAIPEI101や故宮博物院等は、完全にバリアフリーになっているので、全く問題は有りませんでした。また、故宮博物院は日本の障害者手帳を持参すると入館料が無料になるので、手帳を携帯すると良いと思います。大変楽しい旅行でしたので、また台湾に行こうと思いました。  

ブログでご紹介しました

 投稿者:GAMI  投稿日:2007年 4月18日(水)21時53分53秒
  2004年に会員登録していましたGAMIと申します。その節はお世話になりました。当時は休職してボランティアをしていたのですが、現在は復職して仕事をしながら休日ボランティアを続けています。今年の元旦に「ボランティア雑記帳」というブログを始めました。勝手ながらその中でJTVNを紹介させていただきました。よろしかったら是非ご訪問ください。JTVNと会員の皆様のますますのご活躍を祈念しております。では。

http://gami.at.webry.info/200704/article_7.html

 

なめかたゆみさんへ

 投稿者:おそどまさこ  投稿日:2007年 1月 2日(火)09時49分35秒
  香港のディズニーランド、車椅子で楽しめた由、よかったですね。具体的に、スターフェリーはどのように乗りましたか?  また、ディズニーランドでは、なんの乗り物に、どのようにのり込み、楽しめたのか、読者の皆さんに、具体的な情報として、書いていただけると幸いです。なめかたさんは、車椅子と杖併用で、歩ける人でしたか? まあ、とにかく、楽しめたことは本当に良かったと思います。お役に立てて幸いです。  

KIKUEさんへ

 投稿者:おそどまさこ  投稿日:2007年 1月 2日(火)09時45分1秒
  投稿ありがとう。どこからどこまでの夜行バスですか? 外国での長距離バスの旅は、夜行を使う場合、出発が夜中になるのはしかたがないですね。危険は悪い奴がひとりでもいれば、危険であり、誰もいなければ、夜であろうと、ニューヨークのマンハッタンであろうと、こわくはないことをまず頭に入れてください。備えあれば、憂いなし。まずバスターミナルの下見をしておくこと。そして、バスの出発する時刻よりもはるか前に着くこと。夜、自分の住んでいるところから、歩く安全なルートも選び、歩いておくこと。旅行かばんは大きすぎないでしょうね。大きい場合、コインロッカーに早めに行って入れておく手もあります。それから、すきがないいでたちで、バスターミナルへでかけること。人通りの多い道を選び、バスターミナル内でも人が通るところにいすを探して、陣取るのです。仮眠する場合も、人通りの多いところの椅子を陣取ること。化粧はとって、できるだけ、魅力を感じさせないような姿にすること。貴重品はおなかに巻いているかしら?
自分の身は自分で守る、これが地球ひとり旅の鉄則であり、これから、あなたの人生にとって、自立して生きていくリハーサルになることでしょう。自信につながると思いますよ。
がんばって!
 

ただいまぁ~!!!

 投稿者:なめかた ゆみメール  投稿日:2006年12月30日(土)14時13分33秒
  おそどさんにこの掲示板を借りて、香港のスターフェリーの事についてアドバイス頂き、少しの不安と大きな好奇心を胸に、香港へ行って参りました。
スターフェリーへはなんの支障もなく車椅子でスムーズに乗り込むことができました。
私たちは混雑を避けて20時台の船に乗ったので、人も少なく快適なクルージングを楽しむことができました。
また香港ディズニーランドは舞浜の2/3くらいの広さですが、車椅子のまま多くのアトラクションに乗ることができ、本当に楽しい思い出ができました。
舞浜では車椅子ではたぶん乗られない、プーさんのハニーハントやバズをも楽しめたのですから、もう最高です!
香港の街は私たち障害を持つ者にとって、飛行時間も手頃で手近な海外です。
一度お試しあれ!
 

(無題)

 投稿者:kikueメール  投稿日:2006年12月14日(木)07時53分57秒
  私は今オーストラリアにいて、長距離バスの旅をしようと考えています。そこで教えていただきたいのですが、出発が夜中になる場合、やっぱり女性一人でバス停にいたら危険でしょうか?それから、チェックインする間ずーと荷物を持っていなければいけないのでしょうか?今、この二つのことを心配しています。私の周りでバス移動したことがない人なのでアドバイスをもらえません。もし、このことでご存知でしたら教えて下さい。よろしくお願いします。  

鳥取砂丘に車椅子チャレンジ

 投稿者:おそどまさこ  投稿日:2006年11月29日(水)20時23分7秒
  鳥取砂丘や鳥取にお越しください。トラベルボランティアを48名養成しました。1日5時間程度のサポート、車椅子を押して街歩きや、手引き介助して、5000円の費用だけで、介助サポートをする人です。弁当代も公共の交通費も含まれます。鳥取砂丘には高さ50メートルぐらいの馬の背という砂丘列があります。ここに、このあいだ4名のトラベルボランティアが一台の車椅子の担当をして、馬の背往復を行いました。4台の車椅子の人を上げたのです。費用は、1台の車椅子が10000円。4人で割るのでひとり2500円のトラベルボランティア費用になりました。これで、車のガソリン代や駐車場代などが含まれました。京都からの旅行会社からの依頼だったのですが、とても喜ばれました。車椅子1台が10000円というのは、一見高く見えるけれど、サポートするほうは大変な重労働なのです。何度か検討して、このような値段に決めてみました。こうして、不可能を可能にしていきたいものです。皆さんのチャレンジの話をお寄せください。お待ちしています。  

レンタル掲示板
/11